自分とは何なのか

自分の考えを公開したいと思います

130616_GV

130616_GV

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、りゅうです。

今回は、日曜GVについて記載しようと思います。

今回、火100耐性のオーラ皿にて参戦。
余っていたスキルPを使って、ダイヤモンドダスト と アルージョを取得!
そして、スペルフィストはもういいかなと思ってるんで余ったステをDEX100位にしました。
130617_皿ステ装備

 

自分だけの反省点について

①バリケ防衛時、回復剤を叩いていない。ばらばらに凸時で、なおかつ、移動の為の旗が見当たらない場合、なおかつ、移動スキルも火力スキルもない自分の皿が粘着攻撃されたらどうしようも無いので回復材を叩かないという選択もあります。しかし、バリケ防衛という小目標に向かっているときに、叩かないのは間違いだと気づきました。ちなみに、節約する理由は、回復剤が重いから大量に持てないからです。なので本当に必要な時に使えないのは困るので叩くときを選択します。

②ダイヤモンドダストの詠唱とCTが長いので使いづらい。冷凍をかけたい場合、なおかつ、こちらが攻撃を食らわない状態の時に使いたいと思います。

③ソロで敵に遭遇し、焦ってスキルディレイ中に他スキルを使うつもりでスキルを出せないのに連打していた時があった。覚悟が足らないね。もっと失敗して経験を積むか、想定問答みたいな感じでシミュレーションが必要だと気づきました。ただ シミュレーションについては場合分けが多すぎるので難しい。とりあえず、今は失敗を通して考えるだけにしておきます。

④敵の防衛に対してWP突撃する際、何をすれば良いかわからずに、無敵時間を利用して観察する感じばっかでした。詠唱スキルをやってくる人がいるみたいなのでスペブレ狙っていこうと思います。スペブレは食らうと、1歩動いてからじゃないとスキルが使えないみたいです。ほかにも対処法あるんだろうか?スペブレ実験が必要だと気づきました。やっておこうかな~

 

怖いスキルについて

・聖属性魔法攻撃、レイオブジェネシス
・物理遠距離攻撃、アローストーム、アームズキャノン
・無属性大魔法、コメット
・27×27範囲無力化魔法、ステイシス

上記の遠距離火力スキルについて、画面外から食らうと何を食らっているのかわからずに死ねるw 怖いです。
ロボバリア必要なのかなぁ~? でも、まだ様子見で皿で出たいです。
ステイシス範囲は27×27で、自キャラの可視範囲が29×29の為、ぎりぎり見える位置なら食らわないことになりますね。食らったら100%の確率で30秒間特定のスキルが使えなくなるらしい。

 

わからないこと
・人数が多くてごちゃごちゃしているからか、なんで死んだかわからないことがある。
・画面外範囲攻撃の対策、見えないだけに相手の行動に応じて対策するのは難しい・・・。パッシブ対策で考えるしかないんだろうか?わからない。

 

指揮について

・人数が多ければ多いほど、指揮する人は、戦闘行動よりも状況把握や、チャット指示や、スカイプ指示 をすることで指揮をまっとうし易くなると思った。となると、人数が少ない時に指揮者が戦闘行動をとった場合を考えてみると、普通の人は指揮ができていなくて当たり前だと気付きました。前から薄々思っていたことだけど確信に至りました。
・21:30頃の第1守護石近くのクネクネしたところの防衛について、壁越しステイシスをやられたら もろに食らう地形でした。RKなどを容易に通過させないことを第1に考えればここしかないです。ステイシスを食らう覚悟でやるしかないといった感じですな。今後ステイシスを食らっても当たり前のことだと認識しなるべく食らわない距離を保ちましょうといったところだと思いましたw
130616_2_壁越し

 

対戦相手の行動について
・21:29頃 WP防衛時、ステイシス後に、大人数突撃というアクティブ作戦を実行された。WPポイント付近のLPを消す為に俺がLPを貼ったんだけど消すのが遅れたから、大魔法HITストップが薄くなりステイシス魚にやられました。すみませんでした。対策としては、ガンバンに近い使い方を目標にすべきと思います。LPデリュージコンボですな~

130616_1_ステイシス 

 

だいたいこんなとこかな。自分の動画見ただけでこんだけ書けたわ(笑
文章ながっ!!
ちなみに、動画は作りました。しかし、同盟規模が大きい、なおかつ、モザイク無の動画の為UPしません。つまり、同盟規模が小さくなったらUPするかも~
今はそう考えてます。

高性能PCほしいなぁ~ そしたら、モザイク有版と無版作るのが楽になるなぁ~

さてさて、長文失礼しました・・・。

近いうち、SE砦について書きます。

それでは、またぁ~ (゜ー)ノ

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です