自分とは何なのか

自分の考えを公開したいと思います

忘れ物

忘れ物

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、りゅうです。

先日、失敗しました。せっかくなので忘れても思い出せる方が良いので書いておこうと思います

月曜日に都内へ ノートパソコンを見に行きました。本日ノートパソコン下見3日目でした。店員にじっくり聞いたりメモったり、前もって準備していた質問をしてみたりと、まぁまぁ疲れました。その後、例によって行きつけのゲーセンに行き少し対戦ゲームをした後、混んできたのでベンチで休憩してたら居眠りをしていました。 ぁ! これはだめだ 疲れすぎ! と思いまして、帰宅開始。

駅に向かい、急行電車に乗りました。すると、前方の窓から 各駅停車用の電光掲示板が見えて、疲れてるし あっちで座って帰りたいなって 思っちゃったので 急いで電車を降りて 各駅停車用ホームにて整列乗車待ちをしておりました。

すると、あれ? さっきまで持っていた肩掛け鞄がない!!??

やべぇ!

プライベートの大事な書類が入ってたはずだ。 絶対なくしたくない!

まさに、「後悔先に立たず」とはこのこと!

と思って、そういえば、ゲーセンで疲れたときにベンチに座って、荷物全部体から外したなぁ と思い、そこに向かい始めました!

少し走った後に

あれ?でも、さっき急行乗った時に社内が満席で席に座っているおじさんの前に立ち、この俺の鞄に飲み物入ってたっけかなぁ 入ってて このおじさんの上の棚に鞄おいて水漏れしたら いやだなぁ とか考えていたことを思い出した。

となると、急行内を探さねば!

そして、急行の先ほど乗車した位置をだいたい把握していたので探しに行きましたが、時すでに遅し、電車は発車済みのため、俺の鞄は確認できず・・・。

その後、駅員さんに事情を伝えて家に帰りました。 次の日の朝に電話が かかってきて、無事自分のもとに鞄は戻ってきました。

まぁ 運が良かったです。

昔、学生時代に2回ほど 電車内の棚に鞄を忘れたことがあって 自分の体から外さない方法をとったり、下車する直前に忘れ物チェックを目視や指差し呼称する癖をつけてたけど、会社勤めした際に、通勤で棚の上に物を置いても忘れなくなっていました。 しかし、今回は忘れてしまった。

自分が疲れていることによるミスの発生具合の認識不足だった。
鞄を忘れずらくなっていると認識していたが実は、日頃から確認していないとすぐ忘れ物をしてしまうだけであった。

 

「今疲れている」 
 ↓
「ミスが発生するかもしれない」
 ↓
「想定されるミスを軽く考える」
 ↓
「ミス発生時にどの程度のリスクがあるか考える」
 ↓
「ミスをしたくないと判断したらその取るべき行動をとる」

とりあえず、今回のミスで学んだ今後の対処方法を上に書いてみた。疲れを感じたら↑の話を意識していきたいと思います。

それでは、次の失敗談でぇ~

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です